福岡ビル開発・社長ブログ

記事一覧へ戻る

狭く・深く

2015年09月16日

師匠はいつも「狭く・深く」することが大切と言われます

最初は良いという意味は分かるも、欲張りな小生、怖くて実践ができなかったのが本音です

しかし失敗を繰り返しながら、市場で負けることを体験しながら最近はわが社の都合(モノ・カネ・ヒト・時間)で考えれば、より狭く・深く事業展開しないと市場で「勝てない」市場で「永続」できないということが理解出来てきました

今日は金融機関へ訪問し、8月の業務実績報告

その中で事業に対する方向性を説明する中で、この「より狭く・深く」という戦略を説明させていただいています

毎回、毎回現状そして、将来のことについて説明しながら、金融機関から見てわが社をずっと応援したくなる姿とは

客観的にわが社をどうすべきかを感じる時間として大変ありがたく思っています

まだまだ「中途半端に狭く・中途半端に深い」わけですが、日々事業活動を繰り返しながら、市場に勝ち残ることを一番にこれからも経営をしていきたいと思います

 

ありがとうございます

情熱に勝る能力なし

 

関連ページ