福岡ビル開発・社長ブログ

記事一覧へ戻る

やはり会社は良い!

2016年03月29日

昨日夜に宮崎から帰りました

朝から仕事

面接、新規営業と市場を肌で感じています

やはり仕事は良い

何もかもが自分の責任で全う出来ます

雇用に関して新たな取り組みを開始しています

これはより幅広い人材を確保するために、他の業界では実施していることをわが社で今回試験的に取り入れました

お給料(お金)の価値は人それぞれ

こんなことを様々な方と出会いヒントをいただき今回の実行に移しました

そんな一日でした

やる事の「事」が大切であり、しかしながら、只単にやるだけではダメであり、その「事」はすべてが会社を良くする、実務を良くする、業績を向上させる「事」にすることを24時間常に考え行動することが「社長」の務め

明日も頑張ります!

 

一倉定の経営心得

【1-14 事業経営は戦い】

事業は学問でもなければ理論でもない。

事業を存続を実現する戦いなのである。

 

事業経営は「市場活動」である。

このもっとも基本的なことが忘れられ、企業の内部を管理することが

事業の経営であるかのように錯覚にとらわれている人々が大半である。

世に言われる、「経営学」なるものは、この錯覚に基づく間違った思想と理論に満ち満ちしている。

事業経営の最高責任者である「社長」は、この妄想に惑わされることなく、事業に対する正しい認識―事業の本質は市場活動である―を持たなければならない。そうしないと正しい事業の経営はできないのである。

マネジメントと称される内部管理の理論は、事業経営を知らないやからの、きれい事の観念論である。事業経営にきれい事は危険である。事業は学問でもなければ理論でもない。事業の存続を実現する戦いである。

 

頭でっかちにならないことです

行動あるのみ

その「行」と「動」を何に使うかが大切です

ありがとうございます

情熱に勝る能力なし

 

 

関連ページ