福岡ビル開発・社長ブログ

記事一覧へ戻る

心を込めないと“きれい”にできない

2015年02月22日

NHKプロフェッショナル・仕事の流儀を見ました。
清掃をテーマに羽田空港の清掃や高層ビルのガラスクリーニングをするお二方の“仕事の流儀”です。
羽田空港を清掃する女性の新津さんは、ビルクリーニング大会のチャンピオン。
その技術たるものは素晴らしい。
しかしその技術を磨き、更に建物を美しくするために必要な物を教えて頂いたような気がします。
それは「心」
やさしい心で清掃する。そして、心を込めないときれいにできない。
そんな「心」を持つようになってからは、お客様から“ありがとう”や“御苦労様です”という言葉を掛けられるようになったとのことです。
また高層ビルのガラスクリーニングの職人の羽生田さんは、常に危険と隣り合わせの仕事をこなす。
そんな中で
「仕事を怖がる初心者は、決して失敗をしないこと」
「初心者こそ、仕事は遅くても仕上がりがいいこと」に気付いたという。
正に初心の大切さ
清掃のプロフェッショナルのお二人を見ながら、改めて“心”が大切と理解できました。
現在、我が社の社員が福岡市内でたくさんのお客様の、ビルやマンション、病院の清掃サービスを届けています。
その清掃を中心とした事業も早40年を越えています。
これからも福岡ビル開発は福岡において、清掃サービス、ビルメンテナンスのサービスに対し、“真心を込める”ことを、追求していきたいと思います。

image

関連ページ