ポンプ・バルブ修理、取り換え

定期点検が必要な3つの理由
  • 水の出が悪い、異音がするなどの異常が起こる前に備えられるから
  • 定期点検はコスト削減につながるから。
  • バルブ修理や取り替え時期が事前にわかり、
    水の安定供給につながるから。
急なトラブルで慌てないためには?

3階以上のビルなら必ずある貯水槽。 そこに使われている給水ポンプが壊れたら、飲料水が出なくなるのはもちろん、トイレも使えません。

安定的な給水を維持するためには定期的なメンテナンスは必須。

急に壊れても修理業者がすぐ駆けつけてくれるかわかりませんし、修理代金も緊急作業のため、高くつく場合もあります。

弊社ではパートナー企業と協力し、定期的な点検を実施。ポンプ部品などの取り換え時期も把握できますから、 急に壊れて困ったという事態を避けられ、コスト削減にもつながります。

ポンプ・バルブについて

ポンプは給排水設備の要です。

一般ビルやマンションのポンプには、各階の部屋に水を供給する「給水ポンプ」と言われ、一般的な種類として、自動給水装置用、直結給水用、高架水槽用、排水用、循環用等があり、「水の出が弱い気がする」、「新しいポンプに取り換えたい」、「変な音が出る」等があればポンプの異常と考えられますので、修理、取り換えをおすすめしています。

ポンプの種類及び修理について

定圧給水型、推定末端圧力一定型(インバータ)ポンプ

公共水道の水の水圧が低く、出が悪いところや、断水の多いところ、また 3~6階建ての一般事務所ビル・マンション・など、自動的に給水する場合に用いられ、 貯水槽から各部屋に直接圧力を加え、水を送るタイプです。

直結給水ブースタポンプ(増圧給水方式)

直結給水方式は公共水道から直接接続します。

貯水槽・受水槽を利用しないため、公共水道本管から来る水を、各階の部屋へ送ることが出来ます。 受水槽・ポンプ室・高架水槽の場所が不要となるため、その空間を有効活用ができます。

また10トン以上では受水槽・高架水槽の清掃が法令で決められていますが、不要なため、保守管理維持費が低減できます

※増圧ポンプの法定点検が年に1回必要

揚水ポンプ

一般の事務所ビルやマンションにある、高架水槽の場合、ビルの屋上の水槽に、ポンプで水を揚げ、重力で各階に水を給水する形式です。その高架水槽の水位が減少すると自動的に、揚水ポンプを運転・停止する方式をとり、常に高架水槽は水が満たされています。

各階の部屋には、その高価水槽の水の落下圧力を利用し、水を供給しています。

※新規取付けには水道局への改造申請が必要です。

点検・取替え

ポンプの点検

給水ポンプでは、受水槽の水を給水管に送る設備、また高架水槽に引き上げる設備、そして市水道から直接各部屋に給水する設備で、建物の事業用水の給水として必須になっています。

故障・老朽化すると漏水や断水などの原因となり、事業活動に大きく支障をきたしてしまいます。

そのようなことを防ぐために、また長期間安心してご使用いただくためには、定期的な点検とメンテナンスが必要となります。

ポンプの交換・取替え

私どもはポンプの取り換えも行っています。川本ポンプ、荏原、テラル、イワヤなど各メーカー品の交換・取替えをご検討中の方は是非いちどご相談ください。

価格表

標準工事(給水ポンプの場合)

周辺部品修理工事 15,000~40,000円 材料部品代別途
撤去処分 現場調査による
本体設置
分解修理工事

標準工事(排水ポンプの場合)

周辺部品修理工事 現場調査による 材料部品代別途
撤去処分
本体設置

排水管洗浄・つまり除去工事

パイプのつまり 30,000円~ 材料部品代別途
便器のつまり
※和・洋式・小便器共
30,000円~
便器の脱着工事 30,000円~
下水のつまり ※屋外・屋内 30,000円~
超高圧洗浄 30,000円~
排水管定期清掃 30,000円~