トイレ清掃

弊社のトイレ清掃の評価が高い3つの理由
  • 年に一度、社内でコンテストを開き、技術を高めているから。

  • 清掃部位や作業ごとに道具を色分けし、常に衛生に配慮しているから。

  • お客さまの目線の先ホコリや汚れがないか細かくチェックしているから。

今のトイレ清掃で満足されていますか?

トイレはオフィスへ来社されるお客さまも使用される共用部分です。

最近では心の安らぎの場となる環境も求められ、高いレベルでの清掃が必要です。

弊社では年に一度、社内でお掃除コンテストを行い技術を高めているほか、清掃部位や作業ごとに道具を色分けして衛生面にも配慮しています。

小便器の目皿なども必ず取り外して洗い、洗面台の蛇口も磨き上げ、お客さまの目線の先に汚れなどないか細かくチェックしながら、快適な空間の維持に努めています。

トイレ清掃とは

建物を利用するお客様にとって、トイレや洗面は、一日に何回か必ず使用する共用部分です。

それだけに衛生的にも、美観上から行き届いた維持管理、清掃が必要です。
特に最近は単に用を足すということだけでなく、使用するお客様の心の安らぎの場となる環境が望まれています。

また玄関同様、私たちの作業レベルの良否が評価される場所であると同時に、日常清掃中でも、時間と労力は特に必要です。

正しい手順、効率的な作業等の技能・技術を磨き、より高いレベルの維持管理、清掃に努めています。

指導・管理の行き届いた清掃で常に整形つな環境を保ちます

快適にご利用していただける様に細部まで丁寧に清掃しています

作業フロー

  1. トイレの入口に清掃標示板立て、トイレットペーパー、手洗い石鹸などの消耗品を補充する
  2. 備品などを作業の邪魔にならない場所に移動させる
  3. ゴミ及び吸い殻の収集、回収処理をする
  4. 汚物入れは内容物を処理し、容器を洗浄・消毒する
  5. 洗面台は、スポンジまたは白パッドなどで洗剤を用いて洗浄し、金具周りや、排水口は歯ブラシで洗浄し、乾いたタオルで拭いて仕上げる。鏡は湿り拭き、または乾拭きして仕上げる。金属部分、鏡等に水滴等が残らないようにする。便器は、トイレブラシ、スポンジ、白パットなどを用いて、専用洗剤で1日1回全面清掃を行う。特に小便器の目皿や、便座の裏側などは入念に洗浄をする。
  6. 洗浄弁のハンドルやボタンとそのほかの金属部分は、スポンジまたはタオルで少量の洗剤を含ませ洗浄し、吹き上げた後、乾いたタオルで拭き上げる。
  7. 荷物台、窓台などはタオルを用いてから拭きまたは水拭きして仕上げる
  8. 扉、間仕切り、劇麺などは拭きまたは、水拭きして仕上げる
  9. 床の掃き清掃作業は、各個室など狭いところから、広い方へ掃きだす
  10. 最後は床の水拭き、または洗剤拭きをして仕上げる
  11. 作業終了後は、移動した備品などを復元する
  12. 巡回清掃は、汚れの度合いに応じ回数を定め、清掃及び消耗品の補充を行う

 

 

トイレ清掃作業の注意点

  1. 用具に関しては、洗面と便器、壁、備品の作業ごとに、ゴム手袋、タオル等の色分けし、衛生的な作業に配慮する
  2. 用具は、専用の物を使用し、ほかの区域の用具または、保管場所とは明確に区別しておく。専用の洗剤とほかの洗剤とを混合し使用はしない。
  3. 清掃は細菌などに感染を予防するばかりでなく、洗剤による皮膚障害を防ぐためにも、必ずビニール手袋を着用する
  4. 作業中はできるだけ使用禁止の対応をしない。万が一使用を禁止する場合は、他の場所を案内標示する。

価格表

日常清掃月額料金プラン ※約1時間程度の日中作業の場合

清掃内容 毎日(週5日) 週1日 月2回
トイレ・洗面台 45,000円 15,000円 12,000円

トイレ小便器尿石除去作業

数量 内容 料金
トイレクリーニング・リフレッシュメンテナンス 小便器 尿石水垢除去 1器 8,000円~10,000円
大便器 尿石水垢除去 1器 6,000円~8,000円
排水漏れ修理 1器 8,000円~
トイレクリーニン・リピートメンテナンス 小便器 1器 1,500円~
大便器 1器 1,000円~