福岡ビル開発・社長ブログ

記事一覧へ戻る

行動、思考は科学

2019年02月25日

今日は日帰りで神戸に研修

神戸は港町

ゆっくりしたいですが、午後からずっと研修会場に缶詰です

その内容は

自身の行動特性、思考特性を理解するということです

アメリカで開発研究され、行動科学、思考科学に基づき、組織形勢や組織運営をするというものになります

利き手があるように、思考や行動にも「利き手」があります

その利き手は十人十色

それが分かって対応人と、そうでない人では、生産性やコミュニケーションが全く違ってきます

例えば、300メートル先に知り合いが居た場合、どんな行動をとるか

私の場合は、大声で叫ぶ、手を振る、石を投げ自分の存在を知らせる、ということになりますが

時と場合による方もいれば

無視する、願わくば自分の存在を知られたくないといった考えの方もいます

そのような行動特性が分かっていれば、自然に普段からの声のかけ方、そして相手への理解も早いのではと感じます

そんな行動特性や思考特性は、科学的にパターン化されているようです

もちろん、何が正解で、何が良いということではなく、すべての方の行動、思考は、それぞれが素晴らしいということになります

時代は進んでいます

今まではカン、経験でやっていたことが

ある程度、誰でもわかるようになってきています

良い物をまずは取り入れてみる

そんな気持ちになっています

勉強になりました

ありがとうございます

継続

情熱に勝る能力なし

 

 

 

 

関連ページ