福岡ビル開発・社長ブログ

記事一覧へ戻る

節分

2020年02月03日

本来、節分とは季節の節目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいい、年に4回あります。

ところが、旧暦では春から新しい年が始まったため、立春の前日の節分(2月3日頃)は、大晦日に相当する大事な日でした。

そこで、立春の前日の節分が重要視され、節分といえばこの日をさすようになったのです。

※インターネットより抜粋

節目の日が今日

節分が過ぎれば、春に一歩一歩近づく

来期の経営計画書を作りながら

まさに節目を迎える我が社

春に一歩一歩近づくためにも

しっかりと足場を固めること

逆に言えば、足場を固める時期が来たということ

今までを捨てて、未来へ進む

節分の今日

そんなことを感じました

今年の恵方は西南西

良いことがありますように

ありがとうございました

関連ページ