さんびる副社長ブログ

記事一覧へ戻る

胃袋というキーワードでのスーパー経営

2021年06月23日

今日はあるスーパーマーケットの経営者の下に訪問

非常に素晴らしい経営をされており、訪問の度に勉強になります

今日はその中で印象に残ったのが胃袋経営について

日本人(P)の胃袋(Q)はどんどん減っています

人口が減れば自ずと、食べるという胃袋の量は減ってくるのは当然です

この胃袋を満たすのが外食産業、スーパーマーケット

胃袋が減れば、自ずとそれを満たす産業も減ってくるという考え方

スーパーマーケットで売上を伸ばすことは、もしかして家庭の在庫が増えているかもしれません

また、外食産業の売上を奪っているかもしれません

そう考えるとスーパーマーケットが売上を伸ばすことはとても大変なことが理解できます

そこで様々な戦略を聞かせていただきました

自社の中の改善での収益構造を変える

また顧客の掘り起こし

非常に勉強になる一日でした

業界の常識は、世間の非常識

他業種の良いところを真似る

業界のに非常識を取り入れる

頑張ります

一日ありがとうございました

最後に熱捨、大きなかき氷をご馳走になりました

重ね重ね感謝です

 

関連ページ