さんびる副社長ブログ

記事一覧へ戻る

祝辞 No.96/365

2022年04月09日

祝辞

200名の新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。そして、保護者、ご家族の皆様、お子様のご入学、誠におめでとうございます

さて新入生の皆さん、ようこそ松江商業高校へ

希望に満ち溢れ、期待と不安の入り混じる想いで今日の入学式を迎えたことと思います

現在、当たり前だった生活が当たり前にできない世の中になってしまいました

そんな中でも今できること、今やるべきことに一生懸命取り組む3年間にしてほしいと思います

さて、まだ皆様方の記憶に新しい出来事として、この2月開催された北京オリンピックがあると思います

オリンピック期間中は、多くの日本人の活躍で、我々にたくさんの勇気と感動を与えてくれました

その中で、スノーボード男子ハーフパイプで見事金メダルを獲得した、平野歩夢選手の言葉を紹介します

「頂点を目指すためには、自分のやりたいことを捨てて、自由がきかない不自由な場所に自分を追い込んでいる」

何かを目指すため、また目標を達成するためには、時間、そして自分のやりたいことを犠牲にしなければ、何事も達成できないということです

今日からの松江商業の学校生活において、勉強、部活、プライベートなんでも結構ですので、自らの目標を達成するために、今を強く明るく、そして一日一日を大切にし、

精一杯の努力をしてほしいと思います

すべては自分次第です

義務教育を終え、自ら考えて動くとき、こんな世の中だからこそ、なおさら大きな夢と希望を持ち、強く、そして明るく、松江商業高校での3年間を謳歌してください

 金メダルリスト、平野歩夢選手の言葉

「頂点を目指すためには、自分のやりたいことを捨てて、自由がきかない不自由な場所に自分を追い込んでいる」

 

200名の新入生の皆さんそれぞれが、自分自身が誇れる、何かの頂点を目指し、3年後その目標が見事達成することを祈念申し上げ、私からのお祝いの言葉とさせていただきます

令和4年4月9日 

島根県立松江商業高等学校PTA会長 

竹田幸夫