さんびる副社長ブログ

記事一覧へ戻る

トーク No.126/365

2022年05月10日

今日はあるお客様へ営業同行

雑談をしながら本題に入ることになりました

営業になりますと、どうしても商品商材を説明したくなるわけですが

お客様がどんな表情か、どんな感じかを見ながらお話をしなければなりませんが

ついつい、喋り過ぎてしまうのは当然です

今日もついつい喋り過ぎてしまいました

反省です

逆を考えた場合

営業マンが一方的に説明をされると、こちら側は疲れてしまいます

お客様が黙っていらっしゃる時には、こちらも黙ってお客様からの言葉を待つこと

なかなかできませんが

傾聴、傾聴でお客様にお話しいただくことが大切だと思います

これはお客様以外も同様です

明日からも傾聴を心掛けていきたいと思います