さんびる副社長ブログ

記事一覧へ戻る

ドライブ・マイ・カー No.89/365

2022年04月02日

久しぶりに映画館へ

先日のアカデミー賞国際長編映画賞を受賞した話題作、ドライブ・マイ・カーの鑑賞です

あらすじはYahoo映画にある

脚本家である妻の音(霧島れいか)と幸せな日々を過ごしていた舞台俳優兼演出家の家福悠介(西島秀俊)だが、妻はある秘密を残したまま突然この世から消える。

2年後、悠介はある演劇祭で演出を担当することになり、愛車のサーブで広島に向かう。

口数の少ない専属ドライバーの渡利みさき(三浦透子)と時間を共有するうちに悠介は、それまで目を向けようとしなかったあることに気づかされる。

3時間があっという間に過ぎました

なかなか一言では言い表わすことは出来ませんが、さすが村上春樹の原作です

結局、良きにしろ悪しきにしろ、人はマイ・カー・・・自分を運転していかなければなりません

悲しいことがあったとしても前に進んでいかなくてはならないということでしょうか

久しぶりの映画館

良かったですね