さんびる副社長ブログ

記事一覧へ戻る

立派な会社

2015年07月24日

今月も残すところ1週間
我が社の通信簿もそろそろ出来つつありますね
今日の仕事ができる人の心得
「立派な会社」1364
よそが不景気でも、不景気がよけて通る会社。
どんな不景気になっても、今まであったマーケットはなくなることはありません。不景気になると買い手市場だから、お客様が買う物を厳選し、よい会社、よいお店から買うようになります。
だから、そういった会社やお店はいつでも景気がよい。
景気がよくなると供給が不足するから、二流三流の会社でも売れるようになる。
すなわちダメな会社でもなんとか営業できます。

よい会社にならないといけません
今の状況は供給不足での前進か、それともよい会社だからの前進か
もっともっと会社をよくしたいと思います
ありがとうございます
情熱に勝る能力なし

関連ページ