さんびる副社長ブログ

記事一覧へ戻る

京セラフィソロフィーによる、JAL再建の方程式

2016年06月19日

本日は唯一私が加入している日本道経会の創始者である廣池千九郎先生の生誕150年を記念の道経一体の経営で永続の道を切り拓くをテーマのシンポジウムがあり参加しています

九州各地から600名を越す経営者が集う盛大な会になりました

シンポジウムでは廣池千九郎先生が作り上げた麗澤大学の学長の講演会を聞いています

その中で、京セラ方程式の話しがありました

仕事の結果=考え方×熱意×能力

考え方は数値管理や組織ルール等々色々ありますが、永続企業は道徳(心づかい+行い=品性力)が必要という

サービス業の我が社

今は基本的なお客様や仕事に対する考え方や、創業の原点のみの繰り返し繰り返し教育を実施しています

品性教育の必要性を強く感じていますが、我が社はまだまだ基本が出来ていません

時間をかけて基本を作り上げてはじめて次のステップに行けます

そうであれば、じっくり慌てず少しずつレベルを上げること

逆に我が社の立ち位置が理解出来て非常に勉強になりました

ありがとうございます

情熱に勝る能力なし

関連ページ