さんびる副社長ブログ

記事一覧へ戻る

飲食は人の心緩ます

2016年02月16日

今日ほ本部から3名の若手社員が福岡へ

いろいろな話に花が咲きました

飲食は人の心を緩ます

大切なひと時です

私は言ったことはこの一言

「人生二度なし」

 

一倉定の経営心得

【2-3 社長の基本的志向】

社長の決定はすべて

外部の対応であり、未来志向である。

 

社長の決断や決定は、すべて外部への対応であり、未来志向である。

それは、社員の知らない世界のことであり、社員の意見を求めても意味のないことが多い。

意見を求めるのは社内よりむしと社外も人の多いのだ。それどころか、重要な事ほど社員に意見を求めるわけにはいかないのである。これが事業というものである。

このことを平素から社員に話をして理解させておかなければならない。これをやっておかないと、経営を知らない社員は「うちの社長は相談をかけてくれない、ワンマン社長で困ったものだ」というような全くトンチンカンな見解をもっとしまうという危険があるのだ。

 

外部の対応

一番はお客様へ意見を聞くことが大切ですね

 

ありがとうございます

情熱に勝る能力なし

関連ページ